IMG_9133.JPGG-Grape farm はコーチング栽培で育てています
人それぞれ長所や短所、厳しくして伸びるタイプや褒めて伸びるタイプなど個性があるように、ぶどうも人間と同じで、個性があります
僕はその樹が持っている個性を最大限引き出してあげたいと心掛けて育てています。
その名も  コーチング栽培です!


栽培環境
大粒系品種は草生栽培で草を生やし年に4~5回草刈をして自然な状態に保っています。がここ最近はヘクソカズラという蔓性のロープのような草が猛烈にはびこってきて、困り中
デラウェアなどの樹勢の強くない品種は数年は草生栽培をしていたのですが、どうも樹勢が弱くなってきたので最近は草が生えないように黒マルチを畑全面に敷いたり、黒マルチを敷けないような急傾斜地や高温すぎるところは除草剤を使用しています。

肥料に関して
天然資材100%で作られた酵素や堆肥、海から取れる肥料など、旨味をあげる土づくりをしています

農薬に関して
農薬に関してですが、僕個人的には嫌いなので過剰には散布しません。
ただブドウという作物は中近東が原産であるがゆえに非常に雨に弱く、日本の気候だと病気になり枯れてしまうので、全圃場にてビニールを張り、病気にかかりにくい環境づくりをしています。

真の安心安全とは?
なにをもって安心安全かの判断が難しい今は生産者さんがどんな人か、どんな思いをもって栽培しているかが一番の判断材料だと思います。

こんなメンバーです

こんなメンバーです

こんなメンバーです

こんなメンバーです

こんなメンバーです

こんなメンバーです

こんなメンバーです